top of page

NO to YES!です

いくみさんと圭子さん、そしてボランティアに来てくれた皆さん。

おはようございます!昨日、子どもたちを無事、保護者の皆さんに送り届けました。

私も、昨夜帰ってきました。

今、へとへとか?というと、清々しい気分です😃


 さて、今回の保養も、とてもとてもお世話になった、調理、そして掃除や洗濯をお願いしている重要なお二人についてです。


斉藤いくみさんと、中島圭子さん。

お二人は、保養初日から最終日までいてくれて、美味しい料理と、子どもたちの大量の洗濯や、毎日きれいな部屋で過ごせるよう、毎日毎日ボランティアで働いてくれました。


圭子さんは、途中、ご自身の仕事の会議があったり、大阪からお友達がいらしていて、出かけるギリギリまで保養の食事作りをしてくれて、その後で車で札幌へ行ったり、なんと旭川や名寄へ行ったり、用事が済むと、すぐに帰ってきてくれて、そのまままた料理をしてくれて。


いくみさんも、ずーーーーっとびっしりです。いくみさんのご自宅の菜園たちはどうなっただろう。

家をずっと空けていたし。


お二人とも、きっとすごく疲れただろうな。

毎年、こんなに大変な仕事をお願いするのは、本当に心苦しいのですが

いくみさんと圭子さんしかいない!という、保養の、重要な、大切な存在です。




ある日の厨房の写真


この日は、奥に、私の母もいます😃


今回、手伝いに来てくれたのは、私の母、そして妹もずっと手伝ってくれました。

それから、私の友人のリサは、娘の中高時代からのママ友で、清掃の仕事もしていて、厨房の床をピカピカ✨にしてくれました。

娘のモエカと一緒に、1泊でボランティアに来てくれて、本当に助かりました😭


それから、私が子どもの頃、両親が営んでいたペンションで働いていた、かおりちゃん。

私が小学校2、3年生の頃から、たくさん面倒を見てもらいました。

かおりちゃんも、室蘭から来てくれて、相変わらずのテキパキぶりに驚きました。


有難かったな。

皆さん本当にありがとうございました。




最後に、子どもたちから、圭子さんといくみさんに寄せ書きのプレゼントがありました。


お二人とも嬉しそうで、よかった。




そして昨日夜遅く帰ってから、保養の施設へ行くと。

保養解散後、1人ここに残ってくれて、後片付けや在庫の整理、シーツ類の洗濯を、圭子さんがしてくれて、ピカピカになった厨房を見て、感謝しかありませんでした。



有難かったな。


圭子さん、いくみさん、お母さん、陽子、りさ、かおりちゃん。

本当にありがとうございました。


皆さんのおかげで、保養が無事に終わりました。

感謝しかありません。


厨房に、圭子さんがいると、すごく安心します。いくみさんにも、圭子さんにも甘えっぱなしです。

ありがとうございました。



関連記事

すべて表示

アーカイブ

タグから検索