top of page

NO to YES!です

うちの若者たち、保養のボランティアのこと。

準備に追われている我々ですが

ただ「大丈夫!」と心から安心していることがあります。



「ボランティアスタッフが十分にいてくれる」こと。

です。


年末のとても忙しい季節。

クリスマスイブだし、クリスマスだし。


そんな時に、調理を担当してくれる圭子さん、掃除洗濯をしてくれる郁弥さんが夏休みに続き、今年もまた来てくれます!

はぁ、、、もう、それだけで「大丈夫!」なんだけど😢


加えて

夏休みに続き



先日から桃大が大分から来てくれました✨(自転車で笑)

これから少しずつ、彼の「すごい!」をお伝えしていきますが

いろいろ「すごい!」人です。

冬休みの保養では、いろんなことを頼んでいて、とても楽しみです。



そして娘の由羽。

医学部の2年生です。

彼女の大学の同期の友人が全日程で来てくれることになりました✨

由羽曰く「医学部2年生なんて医学的なことは何の役にも立ちませんから💦」とは言いますが

2人もお医者さんの卵がいるというのは、なんとなく心強いです。

そして夏休みに引き続き、中高の友人も途中から来てくれるそう!

彼女は大学で幼児教育を学んでいて、それもまた保養にいてくれるのは最高な人ですよね✨



それから息子の心平。

彼の高校の同級生と1つ上の先輩2人も来てくれます✨

彼らも前回の夏休みの保養に参加してくれ、またこの冬休みも来てくれるのです!

アルバイトも休んで来てくれるとか😢

申し訳ないし、有難い。



高校や大学で学んでいることや、それぞれのスキル、本当に素晴らしいのですが

この保養に「来てくれる」「行くよ」と言ってくれる、その「気持ち」とか「思い」が、何よりも素晴らしいと思います。

なかなかいないし、できないよ?

福島の子どもたちの力になろう、なりたい、行きます!と自分の時間を使って来てくれる人なんて。

彼らのことを、私はとても誇りに思います。




そして

パパと太子がいます。

保養エキスパート2名。

パパは主に、運転や、メンテナンスなど、、、のはずですが

子どもたちから一番人気かも🙄

特に小さい子たちから。

彼の子どもたちの接し方は、実の子どもの子育ての時も含め

とにかく子どもにプレッシャーを与えない、認めてくれる、聞いてくれる、自分のやらせたいことを押し付けない、子どもたちのやりたいことを喜んで見守ってくれる、、、でした。

そりゃ子どもたち、パパのそばにいたいだろうな、と、保養の子どもたちと遊んでいる姿を見ても思います。

太子は2018年からもう5年になるのですね。早いものです。

今、事務処理で私が唸っているけど、彼がいなければ私はたぶん保養もできません。

そのくらい心強い裏方なのです。

穏やかで、優しい人なので、私が激昂(するなよって感じですが)していても、しばらく黙って放っておいてくれて全然相手にしてくれません。そのうち収まるのを待って、「さっきはすみませんでした」と言うと、少し笑って終わります。いい人です。



まあ私のダメっぷりばかりが露呈するのですが

これだけ素敵な人たちがいてくれる保養なのです。

有難すぎです。

大丈夫。


まだまだ準備すること山積ですが

とりあえずものすごく安心しているのは、このメンバーがいてくれることです。



みなさん本当にありがとうございます。

よろしくお願いします!













関連記事

すべて表示

覚悟

Comments


アーカイブ

タグから検索

bottom of page