top of page

NO to YES!です

石橋胃腸病院さんでの検診

今日は、4年ぶりに、石橋胃腸病院さんでの検診がありました。




コロナ禍で、2019年冬に検診を受けさせてもらって以来です。



「石橋胃腸病院」さんは、2015年から、保養で来ている子どもたちに、無料で

甲状腺エコー、採血、心電図、尿検査、診察をしてくれています。


写真で、立っているのが、有馬名誉院長です。

有馬先生が、この検診をはじめてくれた方です。


今朝も、子どもたちに話したのですが

なぜ、検診を受けてもらうのか?


私たちの保養ではとても大切にしていることだからです。



「まだ保養が必要なの?」

「福島ってもう復興したのでしょ?」

よく訊かれたり、驚かれたりするのですが

私たちは、台風や災害が起きるたびに、いえ福島第1原発が爆発してからずっと毎日

この原発のことを心配しているし、不安に思っています。


だから今も、保養を続ける必要があると思ってます。


子どもたちの検診も、もしも、放射能の影響で、何かあったら大変なことなので

何もないことを確認するためにも実施しています。

もちろん、採血もしなければならないし、子どもたちにとっては、嫌な日だと思います。

でも「健康に問題がないか」それを知ることは大切なので、この検診があるんだよと話しました。



だけど、だからといって、子ども15人の検診を無料で実施してくれる病院やお医者さん、看護師さん、検査技師さん、事務の皆さんなんて、日本中探しても、あまりないだろうなと思います。

再開していただけることになったとき、とても嬉しかったです。感謝でした。

そんなことも、子どもたちに話しました。




採血、みんな頑張りました!



男の子たち余裕です😆





たくさんのスタッフの皆さんに迎えてもらい、そして終わってから、お菓子、ジュースのお土産までいただきました。

至れり尽くせり。




検診の結果は、後日、保護者の皆さんに郵送で届きます。


石橋胃腸病院の皆さん

本当にありがとうございました!


関連記事

すべて表示

アーカイブ

タグから検索