top of page

NO to YES!です

子どもが作った食堂で儲かったお金とかのこと。

先日

こどもたちが子どもが作った食堂で稼いだお金の使い途についてブログにも載せたのですが。

約10万円くらいを20名で分配するのであれば子どもにあげるお金としては額が多過ぎるというご意見がありまして。

一応訂正しておきます☺️

まず「全額分配」ではありません。

経費について書かなかったのは、あの時点では計算していなかったので書きませんでした。

ルスツリゾートという遊園地のナイターチケットというものが小学生2000円とのことでしたので

おこづかい希望の子もその金額に合わせて2000円と決め、子どもたちにはそう伝えてあります。

私たち大人がしたいこと、させたいこともまあなくもないのですが

一生懸命準備をして、働いた子どもらの「やりたいこと」をまず尊重したいなと思いました。

なので

「えーお金もらうよりみんなでいい思い出をつくろうよー」とかそういうのもなし。

「えーもっとなんか有意義なことにつかおう」とかね、そういうのも。

自分で考えて決めたらいいかな、と。

それがもし大人の思い通りじゃなくても、気にいることじゃなくても。

なので

ご指摘、ご心配いただいたことについては

もしかすると、納得はできないかもしれませんね☺️

2000円でも多いのかもしれないし、遊園地やお小遣いなんかにつかうことも。

だけど、私と子どもらでよく話した結果です。すみません。

ピザにいこと、細野さんからは

「できたらオーガニックなものを買うことに使ってください」とご連絡をいただきましたので

そうさせていただきます。

梅を買って、子どもらと梅のなにか作るのに使います。

このように「使途」について詳細な希望がある方はぜひそう言ってください。

厚意をいただく皆さんの希望に沿えてないことがたくさんあります。

申し訳ありません。

安齋ゆきこ

関連記事

すべて表示

覚悟

アーカイブ

タグから検索

bottom of page